スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録19読みました

こんばんは。
久しぶりのインデックス更新ですね…… 実際1ヶ月くらいたってるわけですが;@@ 申し訳ございません。電車とかで読むんで読み終わってはいるのですが書く時間があまり;;
まぁワンフェスやらコミケやらイベントはきっちり行ってるんで時間が無いということはないんですけど。まぁ言い訳です。ごめんなさい。

というわけでインデックス19読みました。
51LanJzl+sL__SL500_AA300_.jpg

読み終わったのは実際数週間前なんであまり細かいことまでは忘れてしまってると思われるのですが、覚えてる範囲で書いていきます。
この巻は科学サイドの話でした。

当麻が出てこない代わりにアクセラレータと浜面が主役の話です。
全体の話としては勢いがとても良く、いっきに読み進められる感じでした。

浜面が科学サイドの当麻みたいな位置付けになってきてるような印象が強かったです。
滝壷を助けるために右往左往します。その際にいろいろやるわけですが、やっぱり一番印象深かったシーンはヘリコプターでの電話ですね。
最初はヘリコプターをのっとろうとするわけですが、電話を聞いたパイロットが心動かされて浜面のためにヘリを動かします。
こういうシーンを見ると禁書では誰かを助けたいっていう気持ちが相手に伝わってそれで何か行動が起きるシーンが多いって思いますけど、そういうシーンをうまく書けてるとおもいます。こういうシーンは大好きです。
浜面が滝壷を助ける際にアクセラと遭遇してしまうシーンでは、アクセラレータもすごい人間っぽくなったなって思いました。 浜面を助けようとした滝壷をみて浜面を殺すのをやめようとします。

今度はアクセラの話になるんですけど、先にちょっと思ったことを書いとくと、アクセラの演算をやってくれる電極のスイッチを敵側に握られてるのはやばいくらい不便というか……。いざというときにきちんと戦闘を行え無い可能性が;@@ というより、今回も妨害電波を出されたり、接続を切られたりしてますしね。そのたびに最強のアクセラレータが本当の意味での最弱になってしまうのは見てて残念に思っちゃいます。
僕は基本強いキャラがすきなので! 

あと面白いと思ったのは、海原の戦いで出てきた原典の記述で、月のウサギってのが面白いアレンジだと思いました。ただどういう効力なのかは意味不明でした。 月の輝きを抑えるためにうさぎを送ったとか素敵な話だと思いました。 それを応用するとこんなことが出来るんだ!といいつつ何かしたんですけど、それがちょっちよくわかりませんでした。

「ドラゴン」について。 エイワスが関係あるらしいです。 エイワスも結構他の物語で出てくる歴史の人物ですが、どうアレンジしてくるか楽しみです。

アクセラレータと打ち止めの関係について。 僕はアクセラレータの覚醒?あの黒い羽が出てくるやつを制御するために打ち止めが必要なのかと思ってたけど、若干ちがうみたいでした。打ち止めがアクセラのトリガーなんじゃなくて、アクセラよりもむしろ打ち止めのほうがアレイスターの計画に重要みたいに書かれてました。打ち止めがどんな役割を担っているのでしょうか……。

最後にエイワスが出てきますけど、超絶強いみたいですね。アクセラさんが瞬殺されます。 そして頭にわっかがあるみたいで、扱いは天使?なのかなって感じです。 ひょうか見たいな人口天使?ちょっとよくわかりません。
最後の私には変形機能があるらしいぞ? にドラゴンボールのフリーザをちょっと思いだしてなんか笑ってしまいました。シリアスな場面なのに……。

とまあ 全体的に思った事をつらつら書いただけなのですが;@@

滝壺と浜面の関係がたまんないですね。 結構新しくでてきたキャラなのに、主役級の活躍を見せてるわけですが。まぁそんなことはいいとして。浜面がアレイスターにとっての一番のイレギュラーっぽいですね。 むぎのとか倒しちゃうし。 むぎのはなんで生きてるのかよくわからない状態で生きてましたけど!

と今日はここまでです!

20巻はもう読んであるので、ちょいちょいメモ帳にでも記事を書いておきます;@@

それではまた!
スポンサーサイト

コミケ参加してきました

こんばんは。ひさしぶりです。本当に久しぶりです……。
早めの更新ができるといいつつこの遅さ。忘れていたわけでは無いのです。
実はインデックスも19 20と読み終わってるのですが。 遅執のために、記事を書く時間がないのです・・ まあいいわけにはなりませんね;@@ 時間見つけてなるべく書くようにします;;ごめんなさい。

そして、ここ3日間はコミケに参加してまいりました。
えっと……初日にいけないことだとわかってますが徹夜を…さん。 だって始発じゃ絶対買えないんだもん。

というわけで、徹夜で無事フルこんぷできました。
yasuhiro_0516-img600x425-1281673047kaalwh37648.jpg
mkdask1-img600x425-1281701432bmqzoz76397.jpg
これが抱き枕^^; ちょっと直球すぎないか…… まぁまだ袋も開けてません。 というより抱き枕に綿つめて部屋に置いておくとかはさすがに無理です。 そんな度胸ありません;@@
まぁ無事なのはが買えて安心しました。 
後は、タイプムーン、feng、ニトロプラス、ピクシブ、電撃家のグッズを買いあさって初日は終了!

二日目。
二日目は今年は僕はコミケんい出れなかったので友達のサークルのお手伝い。一応売り子としてがんばって売ってました。 東方系の同人をちょっと買って終了。

そして今日3日目は疲れ果てながらも友達の付き合いぜんつっぱしてました。
適当に同人を数冊かって終わりでした。 偽泥の天使ちゃん本が目の前で売り切れたのはなみだ目になりました…。寝不足からか熱中症っぽくなりましたし…
そして帰り際に喜多村英梨みつけたwwwwww ちょwあれキタエリじゃね?とか友達と話してたら、企業の壁?にサインし始めてやっぱりキタエリだったw 手振ったら振替えしてくれた><
あんなに近くで声優さんみたの始めてでびっくりでした。

とまぁかんたんにコミケのお話でした。 冬こみは参加できるようにがんばります。といいつつも抽選なのですが;@@

それでは今日は失礼します。

ワンフェスに行って来ました

こんばんは。
実は千葉に住んでるということで昨日ワンフェスに突撃してきました。
友達が誘ってきたにもかかわらず前日にキャンセル。 一応よさそうなものも調べておいたのでせっかくだし一人で行って来ました。

なんとなくコミケのノリで参加したので、自転車で会場までいって、(4時30分ごろに到着)ならんでたんですが、この時間だと始発組とわけられて徹夜組みに入れられる。いわゆる隔離されましたw
これは終わったと思ってたんですが、入場は始発組みに混ざって入る形でした。
順番的に早いのか遅いのかは不明です。 でも買いたいものはほとんどかえた;@@ そして乗りで買っちゃったものも多数……

ちなみに自分はフィギュアの塗装や組み立ては全くしたことがありません^^;
買ったものはすべてガレージキットwww オワタw  今度暇なときにでも挑戦してみようかなと。
買ったものの完成品を写真で撮ってきたのでアップしていきます^^

201007251031000.jpg

まずは大好きなセイバーさん!
これが僕の本命です。でも色塗りは出来ません。 バラバラの未塗装のまま押入れに……
エクストラのですけどカッコイイですよね!

201007251136000.jpg

次にアルルです。会場は一通り回ったんですが、アルルはこれだけだったようなきがします^^;
アルル大好きなんですけどね><;

201007251151000.jpg

次にフェイトちゃん このサークルの作品は全部顔とかつくりが好みだったんで全部かっちゃいました……
201007251152000.jpg
201007251150000.jpg
まいまいもかわいいですよね^^

201007251101000.jpg
最後に素敵だったのでキャラとかしらないんですけど、ノリで買ってしまったものです。

買ったのはこれだけです。 写真ももうちょっととったのですが、写りがわるいので><;

ワンフェスの印象としてはコミケとはちがって難易度が低い!と思いました。買えないと思ってたものも意外と買えたり、残ってたり。
あとなんといってもホールにエアコンが!涼しいし快適でした^^ また冬もきたいな!
それでは。

追伸
もしかしたらいつか作っていく過程をアップするかもです^^

とある魔術の禁書目録SS2

こんにちは。本当に久しぶりの更新です;@@ 僕のブログに来てくれている方本当に申し訳ないです。
言い訳ですが、最近本当に忙しくて、読む暇があまりありませんでした><; でもしばらくは暇なんでたまった本をどんどんよんで行きたいとおもってます><
というわけで2週間ぶりくらいなんですが……。
とある魔術のインデックスSS2読みました。
51K5CBYatFL__SL500_AA300_.jpg

SSの1とはちがい、本当にちょっとした話を集めたショートストーリー集でした。
全体の内容としては、「原石」のことについて。
そして、これから重要になってくるキャラが出てきました。たとえば、当麻の父やミコトの父、そして学園都市の理事会の人達。
まぁ話の一つ一つが短かったので、なにがどう重要なのかとはよくわかりませんが、これからまだでてくる伏線はたくさんあったと思います。

ただ問題は少し読みづらいことと、これから出てくるであろう新キャラがたくさん出てくる割には扱いが少ない(ショートなんで仕方ないですが)それくらいかな。
読んでるイメージとしては、三題噺をやってるのかなぁ?って感じの章もいくつか。
まぁそれなりに楽しめたけど、SS1に比べちゃうと劣るかなって感じでした。 原石のことなど次回からの伏線としては良かったと思うので、19巻~に期待してます。

それでは気になったところなどを順に書いていきます。

・削板軍覇について
新しいレベル5が出てきます。 このキャラは根性論がすごい面に出てる伽羅でした。 原石のままでのレベル5…… そして能力は自分自身で理解してるものと違うみたいです。
「すごいパーンチ」とかいって自分で能力の説明をしてるけど結局意味不明でした。 あとアイスピックなどで刺されてもけろっとしてたり、能力がまったく意味不明です。
当麻の能力も理解できませんが、まぁこれが原石なのかなって。
最後の方で原石を回収するプロジェクトが、ミサカ妹達をつかって始まるんですが、そのときに当麻は回収されませんでしたね。 なにかの伏線でしょうか?

・冷戦時の超能力開発
冷戦があった頃に外国でも超能力の開発がすすんでいたとのこと。ただ成功したのは日本だけっていってましたけど、そのうち外国での能力者とかもでてきそうな気がしました。
原石は世界中にいるみたいなんですけどね!

・初春
初春の実力がわかる章が二つありました。レールガンの方でも初春はパソコンに精通していましたが、こっちのインデックスの方では初めての活躍なのでは? このSS2が発売されたあとにレールガンだったっけ……それだったら、設定とかはもう出来てたって事ですよね。すごい!
そして初春の守護者伝説と、みさかとのハッキング対決は此の巻の見所の一つでもあるとおもいます!

これくらいかな……
久しぶりの更新なのに少なくてすいません><
そういえば此の巻で姫神も原石だったことに気づかされました。 これから原石の話が結構でてきそうですし、また姫神にもスポットライトが当たるんじゃないかと思います。

19巻は早いうちにいけそうです。 急な用事がはいらなければ;@@
それでは失礼します。

とある魔術のインデックス17 18

こんばんは。 なんか久しぶりの更新ですね…
本編を読んではいるんですが、ブログを更新する方がなかなか時間がかかってしまって;@@
とある17 18と読みました。 読み終わってから書くまで少し間が開いてしまったので、少し記憶があいまいですが感想を書いていきたいです。

全体の感想としては、17巻… なんか退屈だなと。まぁ18巻に期待できる終わり方だったので最後の方はかなり楽しめました。 18巻は勢いもよく一気に読み終わりました。
いいところはウィリアムオルウェルが持っていく…。

まず17巻から書かせてもらいます。
510qjBVLhEL__SL500_AA300_.jpg


17巻は正直あんまり面白くなかったので、いいイメージのなさかあまりいいことを先行して書けないのですが許してください><;

まず序盤の飛行機の中のシーン。
もういろいろキャラが崩壊してるよね…。 インデックスとかやっとでてきたと思ったら完全に狂ってる。ただの腹が減って暴れて狂ってるシスターとのイメージしか…。 しかもそのハラペコのシーンが多すぎるよ。いつまでハラペコで引っ張るのかかと…。
次に当麻の行動。 ごめんなさい。 コメントで当麻の行動を見直して読むと書いたのですが、無理でした><; 完全に自分勝手に行動してるとしか思えませんでした。いきなり機長のことぶん殴っちゃうし、正直機長に言い分があると思った。 当麻の行動に正義が感じられなかったし、自己中だなぁーと。
あとこれは言いがかりかも知れないけど、コーヒーの熱程度で熱膨張しちゃう銃って……。
↑このへんはちょっと読んでて辛かったので愚痴ぽっくなってしまいました…。

・「新たなる光」
新しいキャラが4キャラでてきました。 カテーナオリジナルを第二王女キャリーサの元に運ぶためのグループ?
これからまた出てくるんだろうけど、ちょっと使い捨てキャラっぽい感じが! いちおう最初のカラーページに一人出てきてますけど、他の三人のビジュアルはいまいち想像しずらかったな;@@ 尻尾がどうのとか結構かかれてたけど、よくわからなかった…。読解能力が無いのかもしれません。
ただこの4人はすごい精鋭メンバーみたいです。 たぶんまた後でいろいろ出てくると思われます。

・イギリス王妃の3姉妹
リメエア キャリーサ ヴィリアンの三人です。
18巻の表紙でヴィリアンが使われているのですが、ウィリアムと一緒に写っています。 どんな状況だろうと思ってましたが、此の巻を最後まで読めば理解でしました。
リメエアはちょっと影が薄いですが、 キャリーサ、ヴィリアンは17の後半から18巻の終わりまでの主要人物です。

300ページくらいから、カテーナオリジナルがキャリーサにわたって、その圧倒的力を使った暴政が始まるのですが、この辺からやっと面白くなってきた…。(まったく遅いよ…)
カテーナオリジナルを使えるのはイギリスの王族だけとのことなので、使える可能性のあるヴィリアンをキャリーサが騎士団長に命じて殺そうとします。 ヴィリアンの性格の「人徳」が騎士団長やそのたに裏切られ… 人徳なんてと。 その絶望から涙がぼろぼろと流れでてしまいます。
そこで殺されそうなところに助けに入るのが「ウィリアムオルウェル」!!と…。 こいつwwwwwww 最強にカッコイイし、いいとこもってきすぎだろwwww 助けられたヴィリアンは安心からか涙を流し続けます。 魔法名その涙の理由を変える者は伊達じゃないな;@@
このシーンだけでなんかいろいろ許しちゃうよ! ウィリアムが傭兵のままでいるのは自分の信念を曲げないためなんだなと再確認です。
そういえば武器が変わってたな。 なんかいかつい剣になってたね。


そして18巻ヘ
51W81ZzHaIL__SL500_AA300_.jpg

この巻は17巻からの勢いのままで一気によみすすめられる巻でした。

・ウィリアムvs騎士団長
カテーナオリジナルの力をわけてもらい、聖人である神裂をも撃退した騎士団長。 そのものすごい強い力を持つ騎士団長とウィリアムの戦いです。
最初からこのシーンだから燃えるよね!よくわからないけど騎士団長の魔術ちーと過ぎてびっくりww 「ゼロにする」といってあいての攻撃を無効にしちゃいます。攻撃と認識できないものは無力化できませんが。あとパターン魔術とか言う、いろいろなパターンがある攻撃?同時に複数のパターンを混ぜることはできないみたいです。
なんとなくテッラ…を思い出しました。
ウィリアムは学園都市での戦闘の影響で本調子ではありませんが騎士団長と同等で戦います。 騎士団長の方が優勢だったかな…。 でも騎士団長は神裂のことを全く相手に模しないであしらってたよな…。 アックアがめちゃめちゃ強すぎるのか、それとも神裂があまり強くないのか…。 でも4巻で天使と同等に戦ってたしなぁ。ちょっと強さの基準がわかりませんが、その辺はまぁ相性の問題ということで納得しておきます。
本調子でもないのに、そんな強敵を倒しちゃうウィリアム。実際かなりの痛手を負いましたが戦闘には勝利です。 そして最後には、「古き友を斬る刀まではもってないのである」と こいつキザだwww でもカッコイイ。

・戦闘中にでてきた言葉
悪竜が象徴するものは悪に染まった堕天使と。 んん?なんとなくアクセラさんが脳内に浮かびました。

・ヴィリアンの性格
とってもおとなしそうで、箱入り娘っぽいイメージでしたが、全巻のセリフの「遅いんですよ!この傭兵くずれのゴロツキが!」や「おおおおおおおおおおおおおおおおおおお」と雄たけびを上げ、見た目やいままでの言葉のイメージとは別に根っこの方は結構豪気なのかって思いました。

・ヴィリアンのセリフ
ヴィリアンが当麻に「自分の中に完成された主義は無くともその場その場でみんなの声を聞き最良の選択をとるための手段を選ばない」とのこと。 最良?とかそういう突っ込みはなしにして、このセリフはコメントしてくれた方の言うとおりなんだなぁと。 完成された思想を持ってるのはウィリアムで間違いないかな。

・最後のキャリーサとの戦い
まずカテーナオリジナルがありえないくらい強いことはわかるんですが、全次元切断術式 ってなんだ。 どういうことが現象として起きてるかはなんとなく想像がつくんですが、理屈が全くわかりません;@@
あと戦闘でキャリーサがミサイルを連発したりと結構大盤振る舞いしてます。
この戦いでもいいとこどりのウィリアムでした。 そして結局はヴィリアンの人徳が勝ったと思っていいのかな。 人徳ってとあるシリーズを通してかなり重要なキーワードですよね。 とあるでの人徳は最強ですよね。
最後は女王が一般人に力を分け与えて自らの意思で決めろという大規模な選挙みたいのを行います。 この展開は歴史を思い出させました。 

・フィアンマ
最後にフィアンマがちょっと出てきます。 これからはフィアンマを敵とする展開ですね。
いままで天使をおろしたことがあるキャラとしてちょいちょい重要そうな位置ということででてきていたサーシャもこれからはメインで動いてくれるのではないでしょうか!?

ということで17 18の感想は終わりです。 結構期間が開いてしまったので(言い訳です)感想が雑ですが… これで終わりです。
ウィリアムとヴィリアンの関係はかなり大好きです。 16 17 18とウィリアムの巻だったな! 次はSS2か19巻を書きたいと思ってます。 その前にデュララ2 3の感想が入るかもしれません^^
それではまた!

追伸
とある科学のレールガン5巻発売しましたね^^ フレンダの戦いがみれます!フレンダって能力者じゃないのかな? 結構トリッキーに戦ってて面白いです!こっちも高いレベルの戦いで迫力があって楽しいですね!
アクセスカウンター
プロフィール

朧つきよ

Author:朧つきよ
相互リンク募集中!気軽にコメントください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。