スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術のインデックス17 18

こんばんは。 なんか久しぶりの更新ですね…
本編を読んではいるんですが、ブログを更新する方がなかなか時間がかかってしまって;@@
とある17 18と読みました。 読み終わってから書くまで少し間が開いてしまったので、少し記憶があいまいですが感想を書いていきたいです。

全体の感想としては、17巻… なんか退屈だなと。まぁ18巻に期待できる終わり方だったので最後の方はかなり楽しめました。 18巻は勢いもよく一気に読み終わりました。
いいところはウィリアムオルウェルが持っていく…。

まず17巻から書かせてもらいます。
510qjBVLhEL__SL500_AA300_.jpg


17巻は正直あんまり面白くなかったので、いいイメージのなさかあまりいいことを先行して書けないのですが許してください><;

まず序盤の飛行機の中のシーン。
もういろいろキャラが崩壊してるよね…。 インデックスとかやっとでてきたと思ったら完全に狂ってる。ただの腹が減って暴れて狂ってるシスターとのイメージしか…。 しかもそのハラペコのシーンが多すぎるよ。いつまでハラペコで引っ張るのかかと…。
次に当麻の行動。 ごめんなさい。 コメントで当麻の行動を見直して読むと書いたのですが、無理でした><; 完全に自分勝手に行動してるとしか思えませんでした。いきなり機長のことぶん殴っちゃうし、正直機長に言い分があると思った。 当麻の行動に正義が感じられなかったし、自己中だなぁーと。
あとこれは言いがかりかも知れないけど、コーヒーの熱程度で熱膨張しちゃう銃って……。
↑このへんはちょっと読んでて辛かったので愚痴ぽっくなってしまいました…。

・「新たなる光」
新しいキャラが4キャラでてきました。 カテーナオリジナルを第二王女キャリーサの元に運ぶためのグループ?
これからまた出てくるんだろうけど、ちょっと使い捨てキャラっぽい感じが! いちおう最初のカラーページに一人出てきてますけど、他の三人のビジュアルはいまいち想像しずらかったな;@@ 尻尾がどうのとか結構かかれてたけど、よくわからなかった…。読解能力が無いのかもしれません。
ただこの4人はすごい精鋭メンバーみたいです。 たぶんまた後でいろいろ出てくると思われます。

・イギリス王妃の3姉妹
リメエア キャリーサ ヴィリアンの三人です。
18巻の表紙でヴィリアンが使われているのですが、ウィリアムと一緒に写っています。 どんな状況だろうと思ってましたが、此の巻を最後まで読めば理解でしました。
リメエアはちょっと影が薄いですが、 キャリーサ、ヴィリアンは17の後半から18巻の終わりまでの主要人物です。

300ページくらいから、カテーナオリジナルがキャリーサにわたって、その圧倒的力を使った暴政が始まるのですが、この辺からやっと面白くなってきた…。(まったく遅いよ…)
カテーナオリジナルを使えるのはイギリスの王族だけとのことなので、使える可能性のあるヴィリアンをキャリーサが騎士団長に命じて殺そうとします。 ヴィリアンの性格の「人徳」が騎士団長やそのたに裏切られ… 人徳なんてと。 その絶望から涙がぼろぼろと流れでてしまいます。
そこで殺されそうなところに助けに入るのが「ウィリアムオルウェル」!!と…。 こいつwwwwwww 最強にカッコイイし、いいとこもってきすぎだろwwww 助けられたヴィリアンは安心からか涙を流し続けます。 魔法名その涙の理由を変える者は伊達じゃないな;@@
このシーンだけでなんかいろいろ許しちゃうよ! ウィリアムが傭兵のままでいるのは自分の信念を曲げないためなんだなと再確認です。
そういえば武器が変わってたな。 なんかいかつい剣になってたね。


そして18巻ヘ
51W81ZzHaIL__SL500_AA300_.jpg

この巻は17巻からの勢いのままで一気によみすすめられる巻でした。

・ウィリアムvs騎士団長
カテーナオリジナルの力をわけてもらい、聖人である神裂をも撃退した騎士団長。 そのものすごい強い力を持つ騎士団長とウィリアムの戦いです。
最初からこのシーンだから燃えるよね!よくわからないけど騎士団長の魔術ちーと過ぎてびっくりww 「ゼロにする」といってあいての攻撃を無効にしちゃいます。攻撃と認識できないものは無力化できませんが。あとパターン魔術とか言う、いろいろなパターンがある攻撃?同時に複数のパターンを混ぜることはできないみたいです。
なんとなくテッラ…を思い出しました。
ウィリアムは学園都市での戦闘の影響で本調子ではありませんが騎士団長と同等で戦います。 騎士団長の方が優勢だったかな…。 でも騎士団長は神裂のことを全く相手に模しないであしらってたよな…。 アックアがめちゃめちゃ強すぎるのか、それとも神裂があまり強くないのか…。 でも4巻で天使と同等に戦ってたしなぁ。ちょっと強さの基準がわかりませんが、その辺はまぁ相性の問題ということで納得しておきます。
本調子でもないのに、そんな強敵を倒しちゃうウィリアム。実際かなりの痛手を負いましたが戦闘には勝利です。 そして最後には、「古き友を斬る刀まではもってないのである」と こいつキザだwww でもカッコイイ。

・戦闘中にでてきた言葉
悪竜が象徴するものは悪に染まった堕天使と。 んん?なんとなくアクセラさんが脳内に浮かびました。

・ヴィリアンの性格
とってもおとなしそうで、箱入り娘っぽいイメージでしたが、全巻のセリフの「遅いんですよ!この傭兵くずれのゴロツキが!」や「おおおおおおおおおおおおおおおおおおお」と雄たけびを上げ、見た目やいままでの言葉のイメージとは別に根っこの方は結構豪気なのかって思いました。

・ヴィリアンのセリフ
ヴィリアンが当麻に「自分の中に完成された主義は無くともその場その場でみんなの声を聞き最良の選択をとるための手段を選ばない」とのこと。 最良?とかそういう突っ込みはなしにして、このセリフはコメントしてくれた方の言うとおりなんだなぁと。 完成された思想を持ってるのはウィリアムで間違いないかな。

・最後のキャリーサとの戦い
まずカテーナオリジナルがありえないくらい強いことはわかるんですが、全次元切断術式 ってなんだ。 どういうことが現象として起きてるかはなんとなく想像がつくんですが、理屈が全くわかりません;@@
あと戦闘でキャリーサがミサイルを連発したりと結構大盤振る舞いしてます。
この戦いでもいいとこどりのウィリアムでした。 そして結局はヴィリアンの人徳が勝ったと思っていいのかな。 人徳ってとあるシリーズを通してかなり重要なキーワードですよね。 とあるでの人徳は最強ですよね。
最後は女王が一般人に力を分け与えて自らの意思で決めろという大規模な選挙みたいのを行います。 この展開は歴史を思い出させました。 

・フィアンマ
最後にフィアンマがちょっと出てきます。 これからはフィアンマを敵とする展開ですね。
いままで天使をおろしたことがあるキャラとしてちょいちょい重要そうな位置ということででてきていたサーシャもこれからはメインで動いてくれるのではないでしょうか!?

ということで17 18の感想は終わりです。 結構期間が開いてしまったので(言い訳です)感想が雑ですが… これで終わりです。
ウィリアムとヴィリアンの関係はかなり大好きです。 16 17 18とウィリアムの巻だったな! 次はSS2か19巻を書きたいと思ってます。 その前にデュララ2 3の感想が入るかもしれません^^
それではまた!

追伸
とある科学のレールガン5巻発売しましたね^^ フレンダの戦いがみれます!フレンダって能力者じゃないのかな? 結構トリッキーに戦ってて面白いです!こっちも高いレベルの戦いで迫力があって楽しいですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、蓮の杖です。
あー17巻はキツいだろうと思ってました。今回の上条さんとインデックスはかなーりおかしかった、特にインデックスの我儘ぶりは限度を超えたものがありました。
ま、上条さんについて言えば、機長の判断に従った結果インデックスが殺されかけたのですから怒るのも無理はないので、機長と上条さんどちらも悪かったってことになると思いますけど、なんだか異質な感じのエピソードですな・・・
ああ因みに「熱膨張って知ってるか?」は刊行当時相当なネタになったらしいですが、良く調べてみると、動作不良はホントに起こりうる現象らしいですよ!!!

さて始まったイギリス編。朧つきよさんやってしまいましたね、
・×「アニューゼ」⇒○「アニェーゼ」
・×「キャリーサ」⇒○「キャーリサ」
・×「カテーナ」⇒○「カーテナ」
禁書三大読み間違いに見事引っかかっておられます。ご確認を。

>新たなる光
えっと、灰村キヨタカさんのサイト↓
http://r-s.sakura.ne.jp/
の設定画を見ることをお勧めします。4人の絵がありますので。

ぶっちゃけ、17巻は「戻ったか」「戻ったか」「戻ったか」
「「「ウィリアム=オルウェル!!!」」」
のためにあるような物なので、それくらいの認識の方がいいかもしれません。

>ウィリアムvs騎士団長
ウィリアム、騎士団長、神裂ねーちん、ミーシャ=クロイツェフ
この4人の反則キャラの強さの基準ですが、相性です。

でも、持ってる力(テレズマ)の総量は
ミーシャ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ウィリアム(最盛期)>ウィリアム(18巻現在)≒騎士団長(カーテナ補助)≧ねーちん
って感じです。

ねーちんが4巻でミーシャと切り結ぶことができたのは、対神格用術式「唯閃」があったからで、ウィリアムや騎士団長ではそうはいかなかった。
騎士団長がねーちんを圧倒したのは、「ゼロにする」を七閃と唯閃に対してこっそり使ったから、そして肉弾戦では魔術師としての練度の差で騎士団長の方が上手くテレズマを使えていたから。

ふう、ねーちんの名誉のために熱く語ってしまいました。ねーちんが弱いのではなく、相性が悪かったし、騎士団長がイジワルだっただけなのですよ。

>フィアンマ
ああ、最後に全部持って行ってしまいました。
結局、イギリスはロシア編の序章に過ぎなかった訳よ(ふれんだ風)
キャラを乱立させ、久々のパワーインフレを巻き起こしたイギリス編は、こいつがインデックスを物語の中心に引っ張り込む為のものだったんですね。
長かった・・・


ようやく物語が収束しつつあります。
次はSS2を先に読んでください、そしてその後19巻を。朧つきよさんが気に入りそうな科学サイドの巻なので期待できると思いますよ~

それでは失礼します。

Re: No title

こんばんは。コメントありがとうございます^^

やっぱり当麻とインデックスはやっぱり少し度を越えてましたよね><

熱膨張起こり得るんですね;@@ コーヒーの温度が多分90度くらいで、こぼれてるコーヒーに銃を蹴りいれたのだから80度くらい?で熱膨張かーとか思いながらよんでました!

読み方については完全にまちがってますね;@@ 脳内でかってに保管して読んじゃってました。 キャリーサの方が読みやすい・・・?からかな。 蓮の杖さんのコメントで気がついてキャーリサっていうようになってから、こっちの方が特徴的で気に入ってます^^

相手の強さについては僕も相性だと思ってます。 ねーちんが弱いみたいに貸してくれた友達もいってましたけど、そんなことは無い!といろいろ話してきました^^
ゼロにするを唯線に対して使ってたんですか・・・ それはいじわるですね><; というより、攻撃手段が少ない相手にとって「ゼロにする」はそれだけでもうダメージを与える手段が無くなってしまうような・・・ そう考えるとやっぱりナイトリーダーの術式も相当つよいですが…

フィアンマの件についてはようやくインデックスがこれから中心になるって感じですよね。そろそろ当麻の右手の秘密などもわかってるくるのでしょうか? 楽しみです^^

新たなる光のキャラデザをみました!
あの描写でこのキャラができるの…とびっくりしました。 全くあの姿を想像してなかったので^^; そして20巻の表紙は新たなる光のメンバーでしたよね。 尻尾とかあんな感じだったのかぁと思いながら見てました。

次はSSですね わかりました^^ 科学サイドの話は好物なのでたのしみです。
でも今回の話を読んで、スケールは魔術サイドのほうがでかい?ですよね。 科学と魔術が戦ったら魔術が圧倒的に強いんじゃないか?と思いました。

それでは失礼します^^


 

>朧つきよさん

新たなる光は
黒いのがレッサー
白いのがベイロープ
金髪がフロリス
茶髪がランシス
です。
レッサーが尻尾で上条&オリアナとバトルして口封じさせられかけた奴
ベイロープが五和圧倒してダンジョンでボコられた奴
フロリスが羽根つけて列車からダイブした奴
ランシスが爪つけてぷるぷるしてた奴
です。
簡単な新たなる光見分け方でした。

>スケールは魔術サイドの方がでかい
その通り。でも科学側の戦闘員は暗部の能力者(つまり学生)しか出てきてないのをお忘れなく。
それに、軍事力だけが強さではありませんから。

それでは失礼します。
アクセスカウンター
プロフィール

朧つきよ

Author:朧つきよ
相互リンク募集中!気軽にコメントください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。