スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録13

とある13巻よみました。
51my+TiobXL__SL500_AA300_.jpg

こんばんは。久しぶりですねー! 更新をサボってたわけではないんです。 ここのところ少し忙しくて、本を読む暇がなかった!
ということにしといて下さい。
こんな不定期なブログですがよろしくお願いします^^

そしてさっそくですがー 13巻を読んだどいうことで思ったことを書いていきますー。

今回の話は12巻の締めですね。終始緊張した状態が続き、読んでる側としてもドキドキワクワクソワソワするとおもいます^^;
そして結構つかれます! 話が重いです! アクセラさんこわいです! かっこいいです!
イマまでの巻でのなかで一番の盛り上がりを見せてくれたんではないかとおもいます。

・かえる先生のお説教
とあるにはお説教キャラがおおい?ですね。でもかえる先生のお説教はかなり重かったです。当麻の説教より僕は説得力があったとおもいます。 そして、かえる先生・・・ なんかかっこいいぞwwwww 一番大切なものを守るということの大変さと覚悟をきちんと教えてくれました! というか、アクセラさんを説得させれるなんてすさまじいとしか・・・ かえる先生くらいなんじゃ・・・
そして、いまこの記事を書いていて気がついたんですが、かえる先生って帰ると掛けてるんじゃ・・・ 冥土帰しとの異名もありますし・・・ かえる先生をまちがって変換してちょっと思いついた戯言です・・・
・アクセラさんの能力を使わない戦闘
アクセラさんが能力を使わないで戦闘します。その方法が人間の恐怖をあおったりして、混乱させ、精神的にという方法でした。
前にも書いたとおりこの作者はえげつなくグロイ描写に長けてるきがします。これは怖いよ。。。というより気持ちわるい。。。嫌悪感を誘う書き方がうまいです。
そして人間が恐怖によって理性を失い、壊れていく過程が懇切丁寧にかかれていてもう流石でした。
すごく読み応えがありました。

・アクセラさんのパワー
ちょwwwwwwwww 読んでてなんだそれwwwwwwww としかいいようがない場面が!
地面に腕をぶっ刺して、地球の自転を遅らせるって;@@ そんなことまで出来るのかい!もうネタとかそういうレベルの出力じゃないようなww
自転が5分ずれたってそんなちょっとしたことで済ませていいのか;@@? これって世界的にものすごい影響がでるんじゃないの!?単純に時間がずれるのと動議だし・・・
アクセラさん本気だしたら地球ぶっこわせますね・・・

・アクセラさんに羽が!
なんかアクセラさんが覚醒した! よくわからんけど、翼?が生えてきて・・・僕にはなにが起きたのか整理がつかないけど、アクセラさんも実は天使だった、とかレベル6になったとかちょっと推理してみます。
まぁ誰でも考えつきそうなことだけど・・・ この出来事は今後のとあるにも影響してくるはず。 そして20巻までに説明がなされているのか、これから読むのが楽しみです。

・カエル医者2
科学サイドのボスであるアレイスターとカエル医者の会話があるんですが、、、 カエル医者なんかすごくね?説教的に考えて只者じゃないってことはわかってたけど、こんなにも深いところにいたとは・・・
すさまじいの一言です。。。


今回の話は氷華も天使として重要な位置にいて、当麻の活躍もあったのですがやはりアクセラさんに目を奪われていたせいか、感想というか、印象に残った場所がほぼアクセラさんに・・・
当麻さんごめんなさい。
アクセラのダークヒーロぶりの方がぼくには魅力てきです・・・

ということで13巻でした。

先にも書いたとおりブログの更新は本当に適当です。 まず読まないといけないので・・・
そして小説の方ですが、もう自分でも何を書いているのかよくわからない状態に・・・ 一応応募の枚数は満たしたので推敲してる途中です。 ちなみに自分がかいたのを自分で後からよむと、かなり恥ずかしいです^^; なんていうか稚拙としか言いようが無い文章を平気でかいてます。 ストーリーも痛い気がします。キャラの名前とか目も当てられません;@@
そうなんです。実はキャラの名前が一番のなやみです。 いいつけ方とかあったら教えてください><

おわり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。前回ベクトル変換は行列の乗算説コメの者です。
13巻は私の一番好きな巻の一つです。これまで張りまくっていた様々なラインが繋がり始めたこの感じ。「禁書目録始まったな!」という巻でした。
特にインデックスの活躍が好きですね、「祈りは届く。人はそれで救われる。私みたいな修道女は、そうやって教えを広めたんだから!」カッコ良すぎるだろ腹ペコシスター!!
一方さんの自転アタックはこの作品でも最大の「ねーよ」技です。(他のほとんどの不思議現象はなんとか説明できるんですが…)というかあの数字の通りの一撃なら地球が危ないですから・・・誇大な表現だったって事でいいんじゃないですか?
次はSS巻ですね、一方通行の新たな戦いが始まります。
学園都市とローマ正教との対立も決定的となり、これまで土御門が必死で守ってきたバランスがついに崩れてしまいました。上条さんの方でも不穏な空気が漂い始めます。
お忙しいと思いますが、無理せず楽しく読み進めてください。

No title

禁書は13巻までがプロローグ、いわゆる序章です
ここからが本番なのでゆっくりしていってね!!

一方さんもカッコいいですが、僕はやっぱり上条さんのほうが好きです

上条さんって、記憶を失っているので「経験」でモノを余り語れないんですよね
本当に自分が思ったこと、感じたことをそのまま言葉に出している感じ
なので、見方によれば説得力の無いとても的はずれな言葉になってしまうと思うんですよ
だけど、その飾らない正直な思いは何故か心に響くんですよね

個人的にこの巻は「何があってもブレない上条さん」と「ブレ続ける一方さん」の対比が実に面白いと思います
作者は意図的に二人を対比させてるんだと思います
「大切な人を守る方法」も似ているようで正反対ですからね

自転操作は個人的にそれほどでも無かったな
大体4巻で神の力が天体操作してるから一方さんの自転操作はそれに比べるととてもショボイ(笑)
冷静に考えると一方さんって禁書の世界じゃそれほど強くないんですよね
恐ろしい世界だ(笑)

Re: No title

蓮の杖さん コメントありがとうございます。ブログを見ていただきうれしいです^^
次はSSを読むべきなのでしょうか? 14巻を少しずつ読み進めていたんですが。
腹ペコシスターはいまのところ出番は少ないけど、ものすごいステータスを持ってるんですよね・・・ これからの活躍に期待してます。
アクセラさんの自転アタックはそうですね・・・ 実際に自転をそんなにずらしたら地球が(ryなので表現の誇大ということにしておきます!
普段はあんまり細かいことは気にしないで読むんですが、扱ってる内容が内容だけにとあるの場合は気になっちゃいますね^^;
また近いうちに14巻もしくは、SSを読み終わったら記事を書くんで見てくれたらうれしいです。

Re: No title

コメントありがとうございます!
確かにまたこれからスタートしたという感じはありましたね。 いままでが序章だったのか・・・
上条さんに対して僕はすごい安っぽいなと思って、少し嫌悪感すら感じていましたが、(少し大げさだけど)そういう見方もあるんですね。飾らない言葉が心に響く・・・ 確かにその通りです。自分の読みの浅さを再確認です><;
アクセラさんについてですが、天体を操作・・・わすれてました^^;
そっちのほうがすごいですね・・・
でも、そうしたら科学サイドってあまり強くないんじゃ;@@ ローマ教会と数も圧倒的にちがいますし。 
兎にも角にもこれからの展開に期待してます。話が破綻しなければいいけど><

No title

SSは実質13.5巻ですよ
まあ15巻を読む前に読めばギリギリセーフな気がしますが
時系列的に14巻の前の話です
もう14巻を読んでいらっしゃるようなので取り敢えずそのまま読み進めて構わないと思います
が、必ず15巻の前にSSを読んでください
そうしないと15巻の話に全くついていけなくなります

Re: No title

こんばんは。 忠告ありがとうございます!
SSは最後に読もうと思っていたんで、助かりました^^; 14巻読み終わったら読むことにします!
アクセスカウンター
プロフィール

朧つきよ

Author:朧つきよ
相互リンク募集中!気軽にコメントください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。