スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半分の月がのぼる空2

半分の月がのぼる空2を読みました。
51QSZNXN8XL__SL500_AA300_.jpg
全体の話としては、りかにえざきコレクション(大量のエロ本)が見つかってしまって、りかに嫌われてしまった主人公が許してももらうまでの話です。 個人的には父親との昔話に結構ぐっときてます。

・喧嘩になって亜希子さんに相談するシーンでは。
亜希子さんはあきらめろといっていますw なんか失恋のうたまで歌いだしてw 後になってやさしいとこがあることがわかるんですけど結構きつい性格してるなぁと。

・他人のカップルをみてうらやましくなる主人公。
別のカップルを見て、ありきたりの幸せがうらやましくなる主人公は何が言いたかったんだろうと・・・

・父親と喧嘩して、たまたま倒してしてしまったときのこと。
僕は今回の話はなにげに父親との関係の話が重要?なきがしてます。 父親と喧嘩したことは多分1度か2度あるとおもいます。 でも多分勝てた記憶はあまりないんじゃないかと。だけど、高校生くらいにもなれば多分勝てますよね? 父親っていうのは子供からすれば、勝っちゃいけない存在なんだと思います。うまく言葉にできませんが・・・ 威厳があるというか・・・。 なので、主人公がたまたま蹴りを入れてうずくまってる父親を殴られたときよりも覚えているというのはものすごく共感できました。
そして、父親が運動会で主人公を応援してるシーンでは。確かに子供を馬にたとえて応援してるのはとんでもない父親だと思いますがwやはりそんな父親でも、大切な存在なんだと思います。

・夏目先生について。
夏目先生は過去に何かあったんだよね・・・ まだ何があったかわからないけど、多分恋人が死んでしまったとかだと思う。「俺は自分に罰を与えた買ったんだと思う」っていうセリフから。自分のせいで死んでしまった・・・?

・夏目に嫉妬する主人公
確かに夏目先生に嫉妬する主人公の気持ちはすごいわかる気がします。 でも夏目先生が主人公とりかを離れさせようとしてるのは、多分だけど、自分が味わった苦しみとかを主人公に与えないように使用としてるんだとおもいます。

・銀河鉄道の夜
最後に銀河鉄道の夜に踏まえて、話がすすみます。 夏目にぼっこぼこにされた主人公は銀河鉄道の夜を一人で最後までよみます。
これを読むことによって、最後にりかが死ぬ。生存確率が低いことに気がつきます。 そこで、夏目にぼこぼこにされた理由や、りかが銀河鉄道の夜を主人公に読ませた理由などにきづき・・・
とても儚い話でした・・・
今まで能天気に幸せだとか言ってたぶんとてもやるせない気持ちになりました。

・月とシリウスについて。
月がりかでシリウスが主人公?
この巻では、たぶん二回それが出てきました。 勝手な想像だけど、月がいつも半分なのはりかが死ぬ運命にあることをなんか暗示してるような気がしてなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

朧つきよ

Author:朧つきよ
相互リンク募集中!気軽にコメントください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。